2010年04月22日

安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件−福岡高裁支部(時事通信)

 宮崎県発注の測量設計業務をめぐる官製談合・汚職事件で、事前収賄と第三者供賄、競売入札妨害の罪に問われた前知事安藤忠恕被告(69)の控訴審判決公判が15日、福岡高裁宮崎支部であり、榎本巧裁判長は、懲役3年6月、追徴金2000万円の実刑とした一審宮崎地裁判決を支持、被告側控訴を棄却した。
 安藤被告は持病で入院中のため出廷しなかった。 

【関連ニュース】
安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件
談合で4社指名停止=国交省
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官-6社を指名停止・防衛省

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
永田町で「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…(産経新聞)
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
園田氏、郵貯・簡保の完全民営化「絶対守る」 (産経新聞)
posted by エガワ マサハル at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。